子供は、抵抗力が弱いためすぐに喉が腫れて痛みが出ることがありますね。

親としては、子供に気軽に薬を飲ませるのは気が引ける…という方も多いかもしれません。

でもなんとか痛みを和らげてあげたいし、安心できる薬を選びたいと思いますよね。

 

今回は、子供の場合の喉の痛みの薬についてです。

喉の痛みの薬や、病院でよく処方されるカロナールについて調べてみました。


Sponsored Link


子供の喉の痛みの薬にはどんなものがある?

 

喉の痛みは、一般的に喉の粘膜にウィルスが増殖し炎症が起きていることでおこります。

これは基本的には子供でも大人でも同じですね。

 

子供の喉の痛みや熱などが出た場合、病院で処方された薬を飲む場合と、市販の薬を飲む場合があると思います。

まず市販薬の場合は、パッケージに記載されている成分や対象年齢をしっかり確認しましょう。

 

痛みを抑える成分として良く知られている「イブプロフェン」、炎症を抑える「トラネキサム酸」、解熱鎮痛効果のある「アセトアミノフェン」などがありますね。

基本的にはこれらの痛みに効く成分が配合されている薬であれば、一定の効果を得ることができるでしょう。

 

また「甘草」は解熱鎮痛効果があるとして漢方薬によく使われていますよね。

葛根湯は風邪の引きはじめに効く漢方薬として有名ですが、葛根湯は副作用の心配もなく、安心して飲める薬のため子供に良く飲ませている親御さんも多いです。

 

 

病院の処方薬の場合ですが、アセトアミノフェンという解熱鎮痛効果のある成分がもっとも安全性が高いことから小児科でよく使用されているようです。

アセトアミノフェンが配合された薬は、カロナール、コカール、ピリナジン、アンヒバ、アルピニーなどがあります。

処方箋で見たことある薬もあるのではないでしょうか。

 

アセトアミノフェンは副作用も少なく、解熱鎮痛剤に多い腎障害や胃粘膜障害、アレルギーなどの可能性もほとんどないということです。

中でもよく使われるカロナールについて次の章で詳しく見ていきましょう。


Sponsored Link


よく聞くカロナールってどんな薬?

 

カロナールは、アセトアミノフェンが主成分で、脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することで、熱を下げたり、痛みを和らげてくれる薬です。

発熱や頭痛、歯痛、生理痛、腰痛、関節痛、もちろん喉の痛みや腫れにも幅広く使われています。

錠剤だけでなく、細粒やシロップ、坐薬など薬の形は様々です。粉薬や坐薬は小さな子供や赤ちゃんの解熱によく処方されますね。

 

効き方はおだやかで、軽度~中度の痛みには効果的ですが、激しい痛みには不向きと言われています。また、長期の使用も比較的安全だということです。

小児科でよく使われていることからも分かるように、安全性が高く、副作用の心配もほとんどありません。

 

風邪やインフルエンザのときの発熱は、無理に熱を下げる必要はないといわれていますが、このカロナールは安全性が高いことから処方されることが多いですね。

ただしカロナールは対症療法薬で、熱や痛みの原因を治療できるものではありません。

 

また、いくら安全といっても多量に服用すれば、肝臓の調子が悪くなったり腹痛や下痢などの心配がありますので、用法・用量はしっかり守りましょう。

 

 

薬は病院を受診して処方してもらった方が良いの?

 

子供の場合は、一口に喉の痛みといっても、ふつうの風邪の他、溶連菌、手足口病、ヘルパンギーナなど喉に痛みのある病気やアレルギーなどさまざまな原因が考えられますよね。

また、薬は子供の元気がないとき、辛そうなときなど、子供の状態に合わせて使用しないといけません。

 

ですから、自己判断で薬を飲ませるというのは、回復を遅らせたり悪化させる原因になってしまいます。

喉の痛みや腫れなどがある場合は、きちんと小児科や耳鼻咽喉科を受診して、症状に合った薬を処方してもらうのが一番良いのではないでしょうか。

 

ただの風邪であることが分かっている場合は、市販の風邪薬を使って様子を見るのも良いと思います。

市販薬を使う時も、喉の痛みに効く成分が含まれているか、子供に使用してもよい薬なのかをよくチェックしましょう。

 

しかし薬は、菌やウィルスに対抗できるものではないので、子供の病状を注意してよく見ながら使わなければなりませんね。

もし熱や発疹が出たり、喉の腫れがひどいようなときは迷わず病院へ行きましょう。

 

 

まとめ

子供の喉の痛みの薬はたくさんの種類が出ていますが、一般的な風邪の症状をやわらげるものが多いようです。

カロナールの主成分であるアセトアミノフェンは、市販の薬にもよく使われていますので、市販薬を選ぶ際に覚えておくと良いかもしれませんね。

 

風邪の場合は薬なしでも自然治癒するケースも多いですが、とくに子供の場合は症状が急に悪化したり、高熱が出たりすることもあります。子供は扁桃炎を繰り返すことも珍しくありません。

喉の痛みを訴えたらすぐに病院を受診し、症状に合う薬を処方してもらいましょう。