ムコダインという薬をご存知ですか?風邪で喉の痛みや鼻水が出るときに、病院で処方されたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

名前くらいは聞いたことがあっても、詳しいことは分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、ムコダインという薬がどんな薬なのかどんな効果・効能があるのかを詳しくご説明いたします。


Sponsored Link


ムコダインってどんな薬なの?

引用:https://www.qlife.jp/meds/rx8577.html

 

ムコダイン(有効成分:L-カルボシステイン)は、痰の粘り気を低下させて、排出しやすくする薬です。

L-カルボシステインは、市販薬にも使われています。

 

いわゆる「痰切り」に使われる薬で、医療関係者の間では「去痰剤(きょたんざい)」と呼ばれているものですね。

主に、風邪や気管支炎、咽頭炎、喉頭炎、肺結核、手術後などに痰がからんでしまうときに、痰切りの薬として使用されます。

 

他にも、鼻や耳にたまった水を排出する働きもあり、風邪による鼻水や鼻づまり、蓄膿症のほか、子供がなりやすい中耳炎などの改善にもよく使われています。

痰がからんだり鼻がつまる原因は、鼻や喉のウィルスや菌をからめとり外に排出しようとする働きがあるためです。

 

ムコダインは、その痰や鼻水を細かくして出しやすくしてくれるんですね。

病院で処方されたことのある方も多いかと思いますが、痰や鼻水、耳にも効果があるということで、風邪以外の症状の時にも大活躍する薬なんです。

 

ムコダインが広く使われている理由としては、まず副作用がほとんどないということがあります。

まれに食欲不振や下痢、腹痛、発疹、肝機能障害などが起こる場合もあるようですが、軽度である場合が多く、とても安全性に優れた薬だといえます。

 

また、錠剤、細粒、液剤、吸入剤など薬の形も種類があり、小さな子供からお年寄りまで、幅広い世代で使用できるというメリットがあります。


Sponsored Link


他の喉の痛みの薬と比べて何が違うの?

 

喉の痛みに使われる成分というと、アセトアミノフェンやトラネキサム酸、イブプロフェン、アスピリンなど、いろいろなものがあります。

ムコダインがこれらの成分と違う点は、直接喉の炎症や痛みを抑える効果はないということですね。

 

先ほどもご説明したように、ムコダインは、痰を細かく切って出しやすくする作用のある薬ですから、喉の炎症や腫れなどに用いる解熱鎮痛剤とは用途が違うんですね。

ただ、痰によって咳が多くなると、結果として喉の痛みがひどくなってしまうケースがありますので、それを考慮して処方されている場合もあるかと思います。

 

風邪をこじらせると扁桃炎や副鼻腔炎などの病気に発展してしまうこともありますが、そんな時に内科や耳鼻咽喉科で処方されることが多いです。

また病気の原因そのものを治療するのではなく、症状を緩和する薬である点は他の薬と同じですね。

 

 

実際に使っている人の感想や口コミは?

 

では、実際にムコダインを使用したことのある人の感想はどうでしょうか?

 

「最初このムコダインを処方されたのは風邪で喉や鼻の症状が辛かった時でした。
痰を切る薬ということで処方されました。
これはとってもよく効く薬ですね。
私にはすぐに効き、痰で苦しかった症状がすぐに改善されました。
…(中略)…ムコダインは安全で副作用がほとんどない薬なので、とても飲みやすいです。」

引用:http://www.francisek.com/article-738866.html

 

また、こちらの方もムコダインで鼻と喉の調子が良くなったと感じています。

 

「使ってみた感想としては、突然改善はしないけれど、飲み続けていると早く治るという気がします。ムコダインを飲んで、良く休んで体を冷やさずまめに鼻をかむとか、通常の風邪対策をしていると治りが速いです。」

引用:http://www.labiscou.ch/intro/indexpage.html

 

この方たちにはムコダインがとても効果があり、つらい症状が良くなったということで、高い効果が感じられたようですね。

 

 

しかし一方で、ムコダインがあまり効かないという感想もあります。

 

「風邪で咳と痰がひどいときに、だいたいの病院がムコダインを出してくれるのですが、正直私にはほとんど効かないようなのです。」

引用:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

人によって効き方に差があるのでしょうか?

 

調べてみると、ムコダインは劇的に効果を実感できるような薬ではないようです

効果を実感できるまでは比較的時間がかかるので、病院で処方された数日間は服用し続けることが大切なのだそうです。

 

たとえ効果が実感できていなくても、体の中では効果が出ていると考えられますので、自己判断で途中で飲むのをやめたりするのは控えた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

ムコダインがどんな薬がお分かりいただけたでしょうか。

喉にからまる痰は、とてもわずらわしく不快なものですよね。痰を出すためには咳も出ますし、咳がたくさん出ると体力も消耗してしまいます。

 

ムコダインは、痰を切る作用のある薬で、痰や中耳炎などが良くなったと感じる人もたくさんいらっしゃいます。

ただ、劇的に症状が良くなるものでもありませんので、副作用も少なく安全なんですね。

 

ムコダインを処方されたら、用法と容量をしっかり守って服用することが大切です。