熱や喉の痛み、咳がある、痰がからむ、鼻水が出るという症状があるとき、ふつうは風邪かな?と思いますよね?

でも、熱が出ないのに、喉の痛みや鼻水などが出る病気もあるんです。

 

風邪っぽいけれど、いつもの風邪とは違うかも…という時、実は重い病気が隠されているのかもしれないんです。

今回は、熱なしで、喉の痛みや咳、痰、鼻水の症状がある場合の原因や対処法などについて解説いたします。


Sponsored Link


喉の痛みと咳、痰、鼻水はあるのに熱はないなんてことあるの?

 

喉の痛みや咳、痰、鼻水といった症状は、風邪を引いたときによくみられる症状ですよね。

 

風邪は、ウィルスが鼻や喉を通って体の中に侵入することが原因になります。

喉や鼻の粘膜にウィルスが増殖すると、体の防御反応が働いてウィルスを体の外へ出そうとします。喉の痛みや咳、痰、鼻水、発熱といった症状が出るのは、体の免疫細胞がウィルスと戦っているためなんですね。

 

風邪の症状にも個人差がありますので、喉だけ、鼻水だけという人もいますし、熱が全く出ないということもあるでしょう。

 

風邪の場合は栄養のある食事を摂ってしっかり休養すれば、1週間くらいで治るのがふつうですよね。

熱がなくても1週間くらいで回復すれば良いのですが、1週間以上も喉の痛みや咳、痰、鼻水の症状が治らない場合や風邪薬が効かない場合は、風邪ではない他の病気にかかっている可能性が考えられますね。

 

もともと人間の体は体内に入ってくる異物から体を守ろうとする作用が働くようにできています。

そのため喉の痛み、咳、痰、鼻水といった症状は、喉や鼻の粘膜や気管支などに何かしらの異常が起きているということになりますね。

 

ではどんな病気が考えられるのか、次の章で詳しくご説明しましょう。


Sponsored Link


熱なしで他の症状がある場合に考えられる原因は?

 

喉の痛みや咳、痰、鼻水が出るのは、多くの場合が風邪に当てはまるわけですが、熱がなく、他の症状が続く場合は、次のような病気かもしれません。

 

花粉症、アレルギー性鼻炎

花粉症の人は分かると思いますが、花粉の季節になると鼻水が止まらなくなり、喉もキリキリと痛みますし、咳が出ることもあります。見た目は風邪と似ているので、分かりにくいこともありますよね。

鼻水が喉やさらに下の気管支のほうまで流れて喉が痛くなる「後鼻漏」という症状を起こすこともあります。また鼻づまりが原因で口呼吸になり、喉の乾燥が起きてかゆみや咳が出ます。

 

ハウスダストなどが刺激になって、喉の痛みや鼻水が出ることもありますね。わずかなホコリにも敏感になりせき込んだり痰が出ることもあります。

 

気管支炎

気管支炎は、肺に行くまでの通り道(気管支)に炎症が起こることです。

気管支炎は、たばこやウィルス感染だけが原因ではありません。花粉やホコリ、ダニ、食べ物などのアレルギー性のものもあるんです。

 

副鼻腔炎

鼻水や鼻づまり、痰が長引くという場合、副鼻腔炎であるかもしれません。

鼻の中にある空洞に菌やウィルスが感染し炎症が起こることを副鼻腔炎といいますが、ひどい鼻水や鼻づまり、痰のほか頭痛が起こることもあります。

 

肺がん

乾いた咳が1ヶ月以上続く、痰が出る、胸が痛むといった症状があるときは、肺がんの可能性があります。

初期症状は風邪とよく似ているため区別がつきにくいこともあるようです。風邪の場合数日で咳が治まりますが、長期的に咳が出る場合は肺がんの検診を受けてみると良いかもしれません。

 

咳喘息、百日咳

咳が長引く場合は、肺がんの他にも、咳喘息や百日咳なども可能性があります。

咳喘息は、咳が夜や早朝に出ることが多く、風邪やハウスダスト、温度差なども原因になることがあります。

百日咳は、鼻水や咳など風邪の症状から始まることが多く、咳が途切れなく続きます。

 

このように熱がなく他の症状が出る病気にはさまざまなものがあります。

 

 

熱なしの場合どんな風に対処すれば良い?

 

喉の痛みや咳、痰、鼻水の症状がいつまでも治らないときは早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

咳や痰が長引くときは肺の病気が疑われますので、呼吸器内科などを受診しましょう。

 

扁桃炎や副鼻腔炎などは放っておくと慢性化することもあります。

また風邪が他の病気へ移行してしまう場合もありますので、きちんと原因を知り早めに治療を行うことが大切ですね。

 

病院で診てもらうことのほかに、次のような対処法をとることで自分でもつらい症状をやわらげることができますよ。

 

喉の乾燥させない

喉が乾燥すると粘膜がダメージを受けやすいので、こまめに保湿することが大切ですね。

のど飴や加湿器、喉に良いと言われる「はちみつ」を使ったドリンクもおすすめです。はちみつは殺菌作用や抗炎症作用があり、咳を止める働きもあるといわれています。

 

またマスクを着用すると、ウィルスを取り込まないだけでなく、喉や鼻の粘膜を保湿することができますよ。

 

部屋の掃除

ハウスダストや花粉が原因のアレルギーの場合はちょっとした変化にも敏感に反応して咳や鼻水がでてしまいますので、こまめに掃除することも大切です。

 

うがいをする

菌やウィルスの繁殖を防ぐにはうがいが効果的です。

うがいをするときは、カテキンを含むぬるめのお茶がおすすめです。喉も潤いますし、扁桃腺が開いて、痰が出やすくなりますよ。

 

 

まとめ

熱がなく、喉の痛みや咳、痰、鼻水の症状がある場合について解説してまいりましたが、いかがでしたか?

ただの風邪と思っても、症状が重症化したり慢性化したりして治りにくくなってしまうこともありますので、早めの受診と治療が大切ですね。

 

また、日ごろの疲労やストレスも病気に影響しますので、体をしっかり休めることも心がけておきましょう。