喉の痛みがある場合、熱や咳、鼻水などを伴っていれば、感冒(風邪)と判断されることがほとんどではないでしょうか。

でも喉の痛みだけがあって咳は出ないという場合、風邪ではない何か他の病気にかかっているのかも?と心配になってしまいますよね。

 

今回は、喉の痛みはあるのに咳は出ないときの原因は何か?どう対処したらよいのか?という点について詳しくお伝えいたします。


Sponsored Link


喉の痛みはあるのに咳は出ないなんてことあるの?

 

喉の痛みというと、真っ先に思い浮かぶのが風邪やインフルエンザですよね。

風邪やインフルエンザにかかって喉が痛くなると、咳も一緒に出るようなイメージをされるかもしれませんが、必ずしも咳が出るというわけではありません。

喉の痛みは、菌やウィルスが喉の粘膜に繁殖することによって炎症が起きていることがおもな原因です。

 

咳が出るのは、喉よりもさらに奥の気管や気管支などにウィルスや菌が侵入した場合、異物を体の外へ出そうとする免疫細胞の働き(防御反応)によるものなんですね。

なので、咳が出ないということは気管や気管支などに菌やウィルスが入り込んでいないということが考えられます。

 

もともと体が弱い方や免疫力が下がっている場合は、体の防御反応が働かないため、咳が出ないということもあります。

 

一般的に風邪というと、熱や鼻水、寒気なども伴いますが、風邪の中には「喉風邪」と呼ばれるものもあり、喉の痛みだけが起こる場合があります。

インフルエンザの場合は、喉の症状は高熱や倦怠感などの後に起こることが多いため、咳はメインではないので出ないこともあるんですね。

 

また喉の痛みがある場合は、風邪やインフルエンザ以外の病気である可能性もあります。

 

扁桃炎

喉の左右にあるふくらみのある部分に炎症が起きる「扁桃炎」が考えられます。

風邪などで抵抗力が下がっていると、細菌に感染しやすくなり、扁桃炎を起こすことがあります。喉の痛み、熱や耳の痛み、倦怠感などの症状があり、食べ物を飲み込むときにとても痛みます。

 

扁桃炎は子供がなりやすいことで知られますが、きちんと治さないと何度もかかってしまうという特徴があります。

 

咽頭アレルギー

花粉やホコリ、ダニなどのハウスダスト、食べ物などが原因で、喉に炎症が起きる病気です。

喉のかゆみやイガイガ、違和感などがあり、ひどくなると喘息や気管支炎に発展することもあります。

喉の痛みの他、目のかゆみや鼻水など他の症状も併発していることが多いです。

 

手足口病

5歳以下の子供がかかりやすいといわれている手足口病は、初めに口内炎ができて喉の痛みや発熱などがあります。

他にも喉の痛みが起きる病気には、「ヘルパンギーナ」や「ポリープ」、「逆流性食道炎」、「急性喉頭蓋炎」などがあります。

 

また、アルコールやタバコ、空気の乾燥、喉の酷使、疲れやストレスなども原因になることがありますので、ご自身の生活状況などもチェックしてみましょう。


Sponsored Link


咳がある場合と比べて、注意しておきたいことはある?

 

咳の症状がないからといって、そのうち治るだろうと放置しておいてはいけません。

風邪なら安静にしていれば通常は数日で治りますが、喉の痛みが続く場合は別の病気を併発していたり、じつは病気にかかっている、なんてこともあるので注意が必要なんですね。

 

風邪やインフルエンザなどの病気にかかっているときは、体力が落ちて、免疫力も下がっているため細菌に感染しやすいといわれています。

菌やウィルスが気管支や肺などに広がってしまうと、悪化して咳や痰が出たり、喘息や肺炎などを引き起こす可能性もあるため、しっかりと予防を心がけるようにしましょう。

 

 

対処や治療はどんな風にすれば良いの?

 

では、喉の痛みがあって咳が出ないという場合は、どのように対処したらよいのでしょう。

風邪の場合は数日で治癒しますが、痛みが続いている場合は病院で早めに治療を受けましょう。

 

喉の痛みを起こす病気には、アレルギーや扁桃炎、その他の病気といろいろなものがありますので、しっかりと原因を把握することが大切ですね。

アレルギーが疑われる場合は、耳鼻咽喉科やアレルギー科を受診しましょう。必要があればアレルギー検査もおすすめです。喉の痛みの原因がわかると対策が取りやすくなります。

 

また、喉の痛みを緩和するために大切なことは「保湿」と「免疫力」です。

喉が乾燥すると炎症や腫れが治りにくくなります。こまめに水分をとる、マスクをする、のど飴をなめる、喉スプレーをするなどの対策が効果的です。

 

また、こまめにうがいをすることも大切です。うがいは、喉をきれいに洗い流すと同時に保湿する効果もあります。

そして免疫力を高めるには、規則正しい生活、十分な睡眠、体をあたためる、鼻呼吸、疲れやストレスを溜めないということが重要になってきますね。

 

喉の痛みが悪化すると、さまざまな病気に発展することもありますし、声が出ない、食べ物が食べられないという辛い状況にもなりかねませんので、とにかく早めの受診が大切ですね。

 

 

まとめ

喉の痛みは、声を出したり食事などにも影響するため、出来るだけ早く治したいものですね。

咳が出ないからといって、安易に考えるのはよくありません。

 

喉の痛みは、単なる風邪ではなく、病気が隠されていることもあります。病気の場合、自分ではなかなか気づきにくいので、早めに専門医を受診することが大切だといえますね。