子供は、集団生活を始めるとすぐに熱を出したり風邪をひいたりしまいますよね。元気になってまた登園すると別の病気にかかって数日お休み、なんてことはよくあります。

働いている親御さんは仕事を休まないといけないですし、大変な思いをされている方も多い事でしょう。

 

今回は、子供の喉の痛み、咳、発熱、鼻水の症状の原因とその対処法についてお伝えします。

子供の突然の病気にあわてないためにも、正しい対処法を覚えておきましょう。


Sponsored Link


子供に喉の痛みと咳、発熱、鼻水が起こる原因は?

 

小さな子供はまだ免疫機能が十分に備わっていないため、体調を崩しがちです。

「何気なく子供の体を触ったら熱が出ていた」、「喉が腫れて赤くなっていた」という経験をお持ちの方も多いと思いますが、さっきまで元気だった我が子が、突然具合が悪くなると驚いてしまいますよね。

 

お子さんが喉の痛みを訴える場合、ウィルスや細菌に感染したことが原因と考えられます。

喉の痛みや熱が出る病気といえば、まず風邪や冬場はインフルエンザが挙げられますね。

 

風邪の場合いろいろな病原体が原因となって、喉の痛みや発熱、咳や痰、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどがあらわれます。

子供の場合は下痢や腹痛などが出ることもありますね。また鼻水が多い場合は中耳炎や結膜炎を併発することがあります。

 

インフルエンザは、普通の風邪と違って、急な高熱やだるさ、関節痛などの全身症状があらわれるのが特徴です。喉の痛みはありますが、腫れることはあまりありません。咳や鼻水なども伴います。

喉の痛みや咳、熱、鼻水のある病気は他にもあります。子供がかかりやすいものをいくつかご紹介します。

 

溶連菌感染症

風邪とよく似ている症状が出るため、よく間違えられることがあるのが溶連菌感染症です。

喉に感染すると扁桃炎や咽頭炎を起こし、手足や舌などに赤いブツブツができるのが特徴です。

溶連菌の原因となる最近は数十種あるといわれていて、高熱が出ることもあれば、熱があまり出ずに喉だけが痛いということもあるようです。

 

扁桃炎

喉の左右にある扁桃腺が細菌やウィルスなどに感染して、炎症や腫れが起きる病気です。

高熱や耳の痛み、頭痛などを起こすこともあり、白っぽく化膿することもあります。

 

子供の場合風邪をひくたびに扁桃腺が腫れてしまい、何度も扁桃炎を繰り返してしまうことが多いです。溶連菌やマイコプラズマ感染でも扁桃炎を起こすことがあります。

 

 

他にも、高熱が出て口の中に水疱ができる「ヘルパンギーナ」や、発熱や咳が出る「マイコプラズマ肺炎」、食道に炎症が起きる「逆流性食道炎」、気管支に炎症が起きる「気管支炎」、高熱や目の充血などが起きる「プール熱(咽頭結膜炎)」などがあります。

 

このように子供の発熱や喉の痛みが出る病気にはさまざまなものがあるため、発疹や発赤、痛みなど他の症状が出ているかどうかをおうちの方は注意深く観察する必要がありますね。


Sponsored Link


自宅ではどのように対処すれば良いの?

 

子供が喉の痛みや咳、発熱、鼻水の症状が出たら、家ではどんなふうに対応したらよいのでしょうか。それぞれの症状別に見ていきましょう。

 

喉の痛み、咳

小さい子供がせき込むのを見ているのは親としてはとてもつらいですし、早く治してあげたいと思いますよね。

でも喉の痛みや咳が出るのは、ウィルスや細菌、ホコリなどから体を守ろうとする防衛反応なんですね。

 

喉の痛みや咳があるときは、まず「保湿」「加湿」「水分補給」が大切です。

マスクを着用させたり、温かい飲み物を飲ませて、喉がとにかく乾燥しないようにすることです。加湿器で部屋の中の湿度を上げることも効果的です。

もしくは、濡らしたタオルを干しておくだけでも大丈夫ですよ。

 

発熱

子供の発熱が大人と違うのは、40度を超えるような高熱が出やすいという点です。

大人はそこまで高熱が出ることはありませんから驚いてしまいますが、子供は体温調節機能が未熟なため高熱が出やすいんですね。

 

でも病気の原因である菌やウィルスと戦うために発熱していると思えば、あまり慌てることもないと思います。

解熱剤の効果は一時的なものです。睡眠がとれているようなら、水分をこまめに摂りながら安静にしていることが大切です。

 

鼻水

鼻水も咳などとおなじようにウィルスを外へ出そうとする働きによるものです。鼻水はウィルスや菌やホコリなどを絡めとる役割がありますので、出来るだけ鼻をかむようにしましょう。

 

また空気が乾燥していると菌やウィルスが侵入しやすくなるため、加湿器で部屋の湿度を保つことが大切ですね。

または、蒸しタオルを鼻のあたりに当ててあげると、呼吸が楽になりますので、試してみて下さいね。

 

 

通園、通学しても良い目安は?

 

親御さんにとっては、いつになったら通園・通学しても良いのか、ということも悩むところですよね。

やはり熱があるうちは休むのが当然ですが、鼻水や咳がちょっと出るくらいなら行っても大丈夫かな?と思いますよね。

 

目安としては、喉の腫れがある、咳が多く出ている、黄色や黄緑の鼻水が出ているうちはお休みさせた方が良いといわれています。

人にうつしてしまうだけでなく、抵抗力が弱っているときに通園通学してしまうと他の病気にうつってしまうことがあるからです。

元気になって通園通学する際は、マスクをするのを忘れないようにしましょう。

 

また、子供がかかりやすいインフルエンザや咽頭結膜炎などは出席停止期間が決まっているものがあります。

行っても大丈夫かどうか迷う時は、病院をかかった際に医師に確認してみると良いと思います。

 

 

まとめ

子供はよく体調を崩しますが、何度も風邪をひくたびに子供の体はいろいろな抗体を作れるようになり、少しずつ強い体になっていきます。

お子さんが病気になると不安になってしまうと思いますが、まずは冷静になって子供の様子をよく観察し、元気がない、様子がおかしいという時は早めに小児科などを受診するようにしましょう。

 

特に小さな乳幼児は免疫機能が備わっていないため、ただの風邪と思っても症状が重篤化、長期化することがあります。

病院を受診して医師の指示に従い、適切な治療を行うようにしましょう。