昼間は元気に遊んでいたのに、夜になったら急に具合が悪くなってきた、ということは子供にはよくあることです。

喉の痛みがある、咳が止まらないというときは、できるだけ早く何とかしてあげたいものですよね。

 

病気のときは病院で診てもらうのが一番ですが、病院が休診日であったり夜間であったり、となかなか思うように受診できなくて困ることもありますね。

そんなとき市販薬は便利ですが、どんな薬を選んだらよいのか、悩む親御さんも多いのではないでしょうか。

 

今回は、子供の咳や喉の痛みにおすすめの市販薬をご紹介します。


Sponsored Link


子供の咳や喉の痛みの薬を選ぶポイントは?

 

子供が風邪をひいて咳や喉の痛みがあるときは、まず病院にかかるのが一番良い方法です。

特に2歳以下の小さな子供の場合は、急に病状が悪化してしまうこともあるので、市販薬を用いるのはやむを得ない場合だけにしましょう。

 

喉の痛みや咳のほか、発熱や鼻水などの諸症状は、ウィルスなどから体を守るために起きている防衛反応です。

子供がつらそうにしているのを見ているのは親としてもつらいですが、薬に頼らずに自然治癒できるのが一番ですよね。

薬はあくまでも症状を和らげるためのもので、病気を治してくれるものではありませんから、薬を飲んだらしっかりと体を休ませて免疫力を高めてあげることが大切ですね。

 

大切なお子さんに飲ませる薬は、出来るだけ安全で副作用の少ないものを選びたいものです。

副作用はどの薬にもありますが、含まれている成分が必要最低限であり、効き目が穏やかなものを選ぶことで副作用のリスクを減らすことができます。

 

風邪薬などによく使われる成分で、安全性が高く小児科でもよく使われているのが「アセトアミノフェン」ですね。アセトアミノフェンは、熱を下げる効果や頭痛や喉の痛みなどを抑える働きがあります。

 

咳が止まらないとき薬を飲ませて楽にさせたい気持ちもあると思います。しかし咳止めの薬に関しては、あまり使わないほうが良いという見方もあるんですね。

 

咳の出る病気にかかっている場合、病気そのものを治さないと病気が重症化してしまうことあるのだそうです。

咳止めを飲ませる際はそういったことも踏まえて、一時的に症状を緩和するために使うようにして、病院で診てもらうことを最優先にした方がよさそうですね。

 

では次に喉の痛みと咳におすすめの市販薬をご紹介しましょう。


Sponsored Link


キッズバファリンシロップS

引用:http://www.kenko.com/

 

子供たちに大人気の「はなかっぱ」のパッケージがかわいい「キッズバファリンかぜシロップS」です。

 

3ヶ月の赤ちゃんから7歳未満のお子さんまで服用できるシロップタイプのお薬です。

熱や喉の痛みに効くアセトアミノフェンが配合されていて、配合がシンプルで効き目も穏やかなので、安心して服用することができます。

 

 

宇津こどもせきどめ

引用:https://www.uzukyumeigan.co.jp/

 

カンゾウエキスキキョウエキスの2つの生薬成分が配合された、咳を鎮め、痰を出しやすくするお薬です。また、体にやさしい非麻薬性のデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物という咳を鎮める成分を配合しています。

 

1歳から服用でき、携帯にも便利な分包になっています。

顆粒タイプなので飲みにくいお子さんもいるかもしれませんが、ゼリーなどに包むと飲みやすいようです。

 

咳がひどいときは、薬以外の方法でも症状を和らげることができます。

たとえば、加湿器などで部屋を加湿したり、ホコリなどを除去するために空気清浄機を使ったりこまめに空気の入れ替えをすることも咳を鎮める効果がありますので、お子さんのいる環境を整えてあげることも大切ですね。

 

 

まとめ

喉の痛みや咳が出る原因は、風邪ウィルス感染だけではありません。

子供の場合は、喉の痛みや発疹などが起きる溶連菌感染症や、発熱や咳が出るマイコプラズマ肺炎、気管支に炎症が広がる気管支炎、激しい咳の続く喘息など、いろいろな病気があります。

お子さんの様子がおかしい、元気がなくつらそう、というときは早めに病院で診てもらい治療をおこないましょう。

 

また風邪の場合でも、市販薬は病院を受診できないときや、症状が軽く受診するまでもないようなときに一時的に使うようにして、その後きちんと病院で診てもらうことをおすすめします。